*戦国花札 メニュー*




ゲームスタート! (別窓表示)


初めに(必読)


コンセプト


基本ルール


花札一覧(点数・効果)


コンボと役


スタッフ/サイト情報


Q&A


対人戦に向けて


TOPへ




戦国花札 花札一覧(点数・効果)


▽点数表  ▽よくある間違い  ▽効果札  ▽具体例

◇ 点数表 ◇



・花札は1月ごとに4枚あります。12か月×4枚=全48枚です。
・カード右上の数字(点数)は、実際の花札には書かれていません。
・一般的に「カス」と呼ばれるカードも、戦国花札では0点ではなく10点として扱います。


植物
50点札
(兵力5)
40点札
(兵力4)
30点札
(兵力3)
20点札
(兵力2)
10点札
(兵力1)
1月
松に鶴
松に鶴
-
松に赤短
松に赤短
-
松のカス松のカス
松のカス
2月
-
梅に鴬
梅に鴬
梅に赤短
梅に赤短
-
梅のカス梅のカス
梅のカス
3月
桜に幕
桜に幕
-
桜に赤短
桜に赤短
-
桜のカス桜のカス
桜のカス
植物
50点札
(兵力5)
40点札
(兵力4)
30点札
(兵力3)
20点札
(兵力2)
10点札
(兵力1)
4月
-
藤に不如帰
藤に不如帰
-
藤に短冊
藤に短冊
藤のカス藤のカス
藤のカス
5月
菖蒲
(あやめ)
-
菖蒲に八橋
菖蒲に八橋
-
菖蒲に短冊
菖蒲に短冊
菖蒲のカス菖蒲のカス
菖蒲のカス
6月
牡丹
(ぼたん)
-
牡丹に蝶
牡丹に蝶
牡丹に青短
牡丹に青短
-
牡丹のカス牡丹のカス
牡丹のカス
植物
50点札
(兵力5)
40点札
(兵力4)
30点札
(兵力3)
20点札
(兵力2)
10点札
(兵力1)
7月

(はぎ)
-
萩に猪
萩に猪
-
萩に短冊
萩に短冊
萩のカス萩のカス
萩のカス
8月

(すすき)
別名:坊主
芒に月
芒に月
芒に雁
芒に雁
-
-
芒のカス芒のカス
芒のカス
9月
-
菊に盃
菊に盃
菊に青短
菊に青短
-
菊のカス菊のカス
菊のカス
植物
50点札
(兵力5)
40点札
(兵力4)
30点札
(兵力3)
20点札
(兵力2)
10点札
(兵力1)
10月
紅葉
(もみじ)
-
紅葉に鹿
紅葉に鹿
紅葉に青短
紅葉に青短
-
紅葉のカス紅葉のカス
紅葉のカス
11月

別名:雨
柳に小野道風
柳に小野道風
柳に燕
柳に燕
-
柳に短冊
柳に短冊
柳のカス
柳のカス
12月

(きり)
桐に鳳凰
桐に鳳凰
-
-
-
桐のカス桐のカス
桐のカス
桐のカス
植物
50点札
(兵力5)
40点札
(兵力4)
30点札
(兵力3)
20点札
(兵力2)
10点札
(兵力1)


11月の柳は「雨」とも呼ばれています。
その理由については僕もはっきりとは分かりません。
50点札の絵の天候が雨だからでしょうか……?

しかし、何にしても、花札には
「雨を4枚集めたら勝負が流れる」という伝統があります。

この伝統は戦国花札にも受け継がれているので、柳=雨は重要です!





◇ よくある間違い ◇



・松と柳を混同する。

松 ←松  柳 ←柳  

先端に黄色いのがついている方が松、
毛っぽい感じの方が柳です。


・藤と萩を混同する。

藤 ←藤  萩 ←萩  

青い方が藤、赤い方が萩。別個の柄です。


・芒(すすき)を山だと思う。

芒 ←これ

というか、どう見ても山だろ。
僕も身内では山と呼んでいます。


・50点札と40点札を混同する。

松に鶴 桜に幕 芒に月 柳に小野道風 桐に鳳凰

50点札はこの5枚しかないので、
消去法で「それ以外のハデなやつは40点」と覚えましょう。


・柳のカスと桐のカスを40点札だと思う。

柳のカス ←柳のカス  桐のカス ←桐のカス 

何となく只者じゃない感じを匂わせておきながらザコ。

柳のカスに至っては、これのどこが柳なのか分かりません。
僕には岩に見えます。

桐のカスの黄色い部分は製造者名を書くためのスペースで、
深い意味はありません。





◇ 効果札 ◇



短冊の絵の花札は、特別な力を持っています。
いわゆる魔法使いポジションです(笑)
これらを「効果札」と呼びます。

効果札は、効果を発動させた後、
他のカードと同様に向かい合った敵札と戦います。
消費されて場から消えたりはしません。


・赤い短冊に文字入り(文字入り赤短)

松に赤短 梅に赤短 桜に赤短

すべて30点札。
通常1枚のカードを1段階強くするところ、
特別に2段階強くできます。
赤短自体を強化しても、他のカードを強化してもOK。


・青い短冊(青短)

牡丹に青短 菊に青短 紅葉に青短

すべて30点札。
通常1枚のカードを1段階強くするところ、
特別に2枚のカードを1段階ずつ強くできます。
青短自体を強化しても、他のカードを強化してもOK。


・赤い短冊(文字なし赤短)

藤に短冊 菖蒲に短冊 萩に短冊 柳に短冊

すべて20点札。
どのカードを1段階強くすることもできなくなる代わりに、
自分の手札のうち2枚の位置を交換できます。
文字なし赤短と何かを交換しても、別のカード同士を交換してもOK。

相手が1段階強化するカードを指差すのと同時に、
こちらも2枚指差します。

何も入れ替えたくない時は邪魔なのですが、
場合によっては絶大な威力を発揮します。
厄介者と英雄の顔を併せ持つ、癖のあるカードです。



◆効果札が手札の中に1枚あった時

必ずその力を使わなければなりません。
強制的に効果が発動します。


◆効果札が手札の中に複数枚あった時

効果を発動させたり、相手が1段階強化を行ったりする前に、
その中の1枚だけを選び、どれを選んだかを相手に報告します。
また、選んだ1枚の力は必ず使わなければなりません。


◆自分も相手も手札の中に複数枚効果札を持っていた時

どのカードの効果を使うかの報告も、
指差しによって同時に行います。



では、具体例を見てみましょう!


【相手】  菖蒲のカス   芒のカス   紅葉に青短   菊に盃

【自分】  桜に幕   梅に赤短   藤に短冊   桜のカス

相手「俺は青短しかないからこれ発動ね。そっちは?」


→文字入り赤短を選んだ場合

自分「文字入り赤短にするよ」
相手(えっ、マジで? じゃあ強化対象はあれ一択だな。
    もう片方は適当でいいや)

二人同時に「せーの!」

        菖蒲のカスを1段階強化                紅葉に青短を1段階強化
【相手】  菖蒲のカス   芒のカス   紅葉に青短   菊に盃
       兵力2     兵力1     兵力4     兵力4
         VS        VS       VS        VS
【自分】  桜に幕   梅に赤短   藤に短冊   桜のカス
       兵力5     兵力3     兵力4     兵力1
                           藤に短冊を2段階強化
20点札vs30点札の戦いを、引き分けに持ち込むことができました。
しかし、実はもっといい手があったんです。


→文字なし赤短を選んだ場合

自分「文字なし赤短にするよ」
相手(やっぱりそう来たか……。どれを交換してくる?)

二人同時に「せーの!」

        菖蒲のカスを1段階強化                         松に鶴を1段階強化
【相手】  菖蒲のカス   芒のカス   紅葉に青短   菊に盃
       兵力2     兵力1     兵力3     兵力5
         VS        VS       VS        VS
【自分】  藤に短冊   梅に赤短   桜に幕   桜のカス
       兵力2     兵力3     兵力5     兵力1
        桜に幕と藤に短冊の位置を交換                桜に幕と藤に短冊の位置を交換

こうすることで、相手の30点札(青短)をゲット!
役を狙っているのでもない限りは、
10点札は引き分けになってもいいから、30点札を取りに行きましょう。

自分がどの効果札を選ぶかによって、相手の行動も変わってきます。
この戦いで相手が40点札を強化してきたのは、
次の可能性を考慮したからです。


        菖蒲のカスを1段階強化                         松に鶴を1段階強化
【相手】  菖蒲のカス   芒のカス   紅葉に青短   菊に盃
       兵力2     兵力1     兵力3     兵力5
         VS        VS       VS        VS
【自分】  桜のカス   梅に赤短   藤に短冊   桜に幕
       兵力1     兵力3     兵力2     兵力5
        桜に幕と桜のカスの位置を交換                         桜に幕と桜のカスの位置を交換 

敵の40点札に50点札をぶつけて、40点ゲットを狙う作戦です。
しかしこれは得策ではありません。
相手にも簡単に予測がつくため、このように40点札を強化して
引き分けにされてしまうからです。

10点札と20点札を取られ、30点札も40点札も逃すという、
3パターンの例の中で最悪の結果がこれです。



こんな読み合いが醍醐味! 効果札は効果的に使いましょう!



△点数表  △よくある間違い  △効果札  △具体例

続いては、コンボと役をご紹介します!


inserted by FC2 system